観劇初心者の記録

観劇の記録など

工藤遥ちゃんの卒業のこと

ハロプロファンに、29日、激震が走りました。

モーニング娘。'17の工藤遥ちゃんの卒業発表です。

 

私がこのブログを開設するに至ったのは、元を辿れば末満さんが脚本、演出を手がけた

『LILIUM 少女純潔歌劇』です。

この作品で異彩を放っていたのが、工藤遥ちゃんでした。

 

私は2013年頃からハロプロにハマり、LILIUMの頃は各コンサートにはよく足を運んでいました。

ミュージカルの案内が来た時は、さほど期待せずに1公演だけ申し込み、観劇したのです。

2014年6月14日のことでした。

 

それまで工藤遥ちゃんは、天才肌で歌割りが多い佐藤優樹ちゃん(まーちゃん)、ダンスでエースの鞘師と渡り合う石田あゆみちゃん(あゆみん)、メディア露出が多い飯窪春菜ちゃん(はるなん)の同期の中で少し引け目を感じているように見えました。

また、持ち前の気の強さやエッグ出身というプライドもあり、焦っているようにも思え勝手に心配していました。

 

でも、LILIUMを観て驚いたのです。

工藤遥ちゃんはファルスでした。憑依と言っていいほどの熱演だったと思います。

 

以前から舞台では演技を評価されていたようですが、堂々とファルスを演じた彼女は自信に満ち溢れていました。

本当に素晴らしかった。

 

LILIUM以降、テレビでの演技や舞台の主演(級)と着実に経験を踏んでいます。

このタイミングでの卒業と女優を目指すという選択はとてもカッコよく、応援したい気持ちと

正直に言えば、モーニング娘としての彼女をもっともっと見たかったという気持ちでいまとても複雑です。

歌割りも増えて、ダンス部にも抜擢されて、ビジュアルエースを自負しているのに…アイドルとして一番良いときなのに、勿体無いという気持ちも拭えません。

 

でも、舞台やテレビドラマで工藤遥ちゃんを見られる日を、楽しみにしています。

 

最後に、卒業発表の場所が京都(メンバーの凱旋公演がない場所)というのも

彼女の気遣い屋な面が見えて微笑ましく思いました。