観劇初心者の記録

観劇の記録など

グランギニョルの幕が閉じる③ 春林と歌麿について

ネタバレ。

 

 

 

◆李春林について

 

 春林はクランではなく人間界でバンパイアハンターに育てられ、彼自身も若くしてハンターのキャリアを積んでいる。

春林の背景はまたどこかで話に繋がってくるのかな。父親が誰か、とか。

春林は名前が示すように、中国拳法のような素手の戦闘スタイルで、気も操ることができる。バンパイアハンターの中でもかなり特殊な技術の持ち主。

戦闘中歌麿にわざとイニシアチブを取らせ、自らの能力を解放させたが、歌麿との会話から 過去にも この行為を行っていることがわかる。

ダンピールでありながら繭期を超えて生きているが、長くはない余生と自ら言うのはどういうことなんだろう。

バンパイアハンターという職業柄なのか、ダンピールは繭期を超えても短命だからということなのか、あるいはイニシアチブの乱用による弊害があるのか。

末満さんのニコ生での発言で、次の任務に発つ春林は予感めいたものがあったとのことだったけれど

すでに冒頭からその意識があったのだろうか。

ポジティブダンピールを自称するシーンでは観客の笑いが生まれていたけれど、その予感があったのなら、春林の決意を笑えなくなる。

 

 

◆東さんについて

 

 最初に見たのはおそらく刀ステ初演。画面上では とにかく大きいというイメージ。

今回間近で見て、大きいけどすらっとしていて、なんていうか芸能人になるために生まれてきたような体格だなあと。手脚の長さと細さ、あと、肌がとてもきれいだったのが印象的。

 春林の「上出来です。」がとても好きで、歌麿に嚙まれた後、汗に濡れた顔を上げながら言うそのセリフはファンじゃなくても惹きつけられた。

声が低いけれど優しく響くので、聴いていて心地よい。

歌もお上手だと聞いたので、ミュージカル方面での今後の予定がたくさんで何より。

 

 

歌麿について

 

 残酷劇と銘打っていて暗いお話の中で、歌麿は一種の清涼剤のような存在。

清涼剤っていうよりも、スパイスというほうがしっくりくるかもしれない。

春林とのコンビ、ハンスとのやりとり、ダリとの掛け合い、各場面で重苦しいテンションを一瞬払拭してくれる。

歌麿はもともとが人間で、バンパイアに噛まれても死に至らなかった珍しい後天的吸血種。

自分を吸血種にし、家族を殺したダミアン・ストーンに復讐するためにバンパイアハンターとなった。

グランギニョルにおけるダミアンは、歌麿の探すダミアンではなかった。いつかこのダミアンも出てくるのだろうか。

歌麿は単純なおバカのようでいて、感情に流されたのは黒猫の店でダミアンの名前を聞いた時だけだった。意外と冷静なのか、師匠によく躾けられているのか。

 

小説「シモンには動機がない」のカザンは、歌麿のことで間違いないと思う。(由来は横山崋山?)

そしてシモンは石舟のこと。

SPECTERでの石舟と萬里の会話で、「歌麿と一緒が良かった」「(石舟と萬里は)長い付き合い」というやり取りがあった。同じ研修をした同期だったとは。

萬里が石舟を邪険に扱うのはツンデレとかその類のものかと思っていたけど、小説を読むとだいぶ印象が変わる。石舟が怖い。

きっと小説になるくらいだからこの辺りも設定が色々あってそのうち明かされるんだろうなあと思うけど、グランギニョルの感想を書き始めてからそんな希望的観測ばっかり言ってる気がする…。

末満さんがライフワークと仰ってるTRUMPシリーズ、私も生涯観ますから どうぞ健康にはお気をつけてたくさん作品作ってくださいませ。

 

 

◆松浦さんについて

 

 松浦さんもグランギニョルでお名前を知った。

 USJでダンサーをされていたとのことなのだけど、キャスパレのダンスのときにあまり観ていなくて後悔…。DVDでたっぷり観よう。

 歌麿が絶妙な間の取り方で笑いを起こしていくのは、さすが関西の方。

涅槃像ポーズはLILIUMファンには嬉しい演出でした。

メイクと髪型で相当見た目の印象が変わる方だと思う。

声質的に元気な役とかガサツっぽい役が似合いそうだけど、素顔のスッとしたきれいなお顔立ちが活きそうな、歌麿とは真反対の それこそレイン中級議員のような役も観てみたい。

 

 

 

kan-geki.hateblo.jp

kan-geki.hateblo.jp