観劇初心者の記録

観劇の記録など

ACCA13区監察課

観てきました。

とりあえずのメモのような感想です。多分あとでパンフレット見ながら追記、訂正します。

ネタバレあります。ご注意下さい。

 

 

 

 

内容も良かったけど、荒木さんがとにかく美しい。

さらさらの金髪でタバコを吸う姿が本当に本当に美しかった。それだけで観て良かった。ちゃんと火がついてるタバコ。吐き出される煙まで含めて絵画みたい。イケメンが吸うタバコは正義。

 

序盤はいろんな人物が出てくるけど、ニーノの報告というテイでほとんどジーンとニーノしか話してなかったのが新鮮。

特に丘山さんは長セリフ多くてすごかった。

声もテンポも抑揚もすごく聞き取りやすい。

耳が良くないので早口だったりこもった声の聞き取りが苦手なんだけどすごくよかった。

 

二時間超えだったけど、13区それぞれの特色を詰め込んだ感じで(かといって詰め込みすぎでもなく)飽きずに見られる。

13区の制服が民族衣装調で、ベトナムっぽいもの、イギリスっぽいものとか考えるのも楽しい。

舞台の上に飾られた各区の制服は華やかなだけじゃなくて、スポットライトが当てられて効果的に使われたりしていて、なるほど、と。

舞台観に行くたびにいろんな演出方法を知って一つ一つ感動してます。

 

漫画は一度全て読んでるけど結構忘れてて、13区の関係や人物名を覚えきれなかった。

予備知識無しだと、情報量が多くて大変かも…?

ジーンの母の侍者(白髪の)はグロッシュラー長官だと思うけど、最後意味ありげな課長もなにか過去あったんだっけ…

 

区のなかで1番好きなのはジュモーク。

パインの歌で手拍子したり、おっきなピザが出てきたり楽しい。

 

プラネッタから資源が発掘されたニュースを、ロクステッラ(プラネッタの案内役)の前田くんが読んでたのにニヤっとした。

 

王子を失脚させるのではなくACCAを認めさせ存続させること。
フラワウの政権転覆を阻止すること。
平和的手段で導かなければACCAではない。

 ACCAは平和の象徴、君臨すれども統治せずのドーワー家も平和の象徴ということで、ジーンがACCAに配属されたのは国王の意思があったのかな〜と妄想。

 

勿論削られたエピソードもあったけど二時間の舞台の中でまとまっていて、世界観に浸れました。

広告を非表示にする